2021/07Archive for

立ち飲み「才」にて

2021/07/26 Monday - 14:00:36 by 管理人

暑さが厳しくなってきました。
先日、京都西院ウーララにライブをみてきました。
その前に折鶴会館の「才」という立ち飲み屋にin。
久々の一人呑みであった。
立ち飲みは一人で呑む人が多く、一期一会的な出逢いもあり楽しい。
誰かと注文を頼む訳ではないので、あれ食べてる時にあれ焼いてもらって…
最後ワインにもってゆくためにこれを頼んで…など色々一人で考えるのが楽しい。
最後のお会計で、予想内で終われば今日は完璧だったー!と思えるゲーム感覚。
(予想外に呑んでしまったー!というお会計もよくある。)
呑んでる時は、TVみながらいろんな人を観察したり、隣の人の料理を私も頼んだり頼まれたりと伝染し、無言のコミュニケーション。
それだけで幸せです。
「才」では、焼き場の人と隣の女の子も話し出してきたので、予定杯数が狂いました。
このままでは、ウーララにライブを見にいかず呑んでしまいそうだったがなんとか回避。
お会計は予定杯数超えたのに、予想内でびっくりでした。
安くて美味い、お財布に優しい。
そのあとライブも楽しんで、久々日常に戻れました。
ブログは中々書くのが進まないのに、このテーマならスラスラ書けます。
私の歌に「一人で居酒屋」というのがあります。
詩を書くのも時間がとてもかかるのですが、この歌はすぐにできました。
家飲みも楽しいのだけど、やっぱり好きなんだよね〜
「才」のワイン。グラスが可愛い。
これで終わらすつもりが、もう一杯頼んでしまったのでした。

京都 わからん屋

2021/07/06 Tuesday - 16:54:07 by 管理人

先月、京都に歌いに行きました。
木屋町にある『わからん屋』の飛び入りです。
京都の飛び入りは、来たけどエントリーの人数〆切で歌えなかった、人数多すぎて歌う頃には終電間に合うかなど。
スリリングな思い出があり、今日歌えるの?という気持ちがある。
今回はエントリー1番で歌えました。
知らない方々に囲まれて久々緊張したけど歌えてよかった。
何十年か前にでたわからん屋は、その時と変わらない感じがした。
店主の方とは話せなかったけど、相変わらずいい感じの方。
他の人も後から来て、色々な年齢層の方々が歌っていた。
京都の昔からのイメージですが、若い人もみんな、昭和歌謡的なフォークソングが好きなんだなぁという印象。
やっぱり京都には野村麻紀さんの匂いを感じる。
せっかく来たので鴨川にも寄ってみた。
山々と川。
風情があっていいなぁ。
ほんとに京都は学生の街だなぁとも思う。
また京都にも歌いにいけたらと思う。
次回のライブが決まりました!
少し先ですが、10月6日(水)西成難波屋です。
ディープ大阪。
ムラカミマイちゃん、ミカミッヒ、渡辺浩二さん!
全員大好きな人達。
難波屋のグランドピアノ弾けるのもうれしい。
これを楽しみに日々がんばります。